育毛剤と発毛剤と副作用や価格や効果

薄毛に悩みだしたときにインターネットショップやドラッグストアを見てみると、散布タイプの発毛剤を多く見かけますが種類はどちらかというと少ないです。

そもそも発毛剤は医薬品に部類されるのでその多くは、病院で処方されないと手に入れることはできないです。

どうしても病院で処方してもらうと料金が高くなってしまいます。

発毛剤は個人輸入できる!

しかし発毛剤を安く手に入れる方法があり、それが個人輸入なのです。

これを利用する事で病院でしか処方されない発毛剤を手に入れることができる、他に海外でしか手に入れることができないサプリメントや、発毛剤も購入する事ができます。

個人輸入を利用する際は、普通のネットショッピングサイトと変わりないので簡単に購入することが可能です。

発送も代行業者が行ってくれるのですが、海外からの発送となるので普通のネットショッピングよりも日本に到着するまで日数がかかってしまうのがデメリットです。

日本では薄毛の治療は命の危険が無いとされているので発毛剤は保険適用外となり、どうしても高額になってしまいます。

個人輸入では医師の処方が要らないので、安くて病院で処方されているものと同じ発毛剤を手に入れることができます。

しかも合法なので人気が高まっています。

個人輸入のデメリット

しかし個人輸入にはデメリットもあって医師の診断なしで服用する事になるので思わぬ副作用におそわれる恐れがあります。

薬によって副作用は様々ですがアレルギー反応をはじめとした重篤な副作用が起こる可能性もあるので細心の注意が必要です。

個人輸入ではメリットとデメリットがあるのでその事をしっかりと頭に入れて自己責任で発毛剤を利用するようにしましょう。

もしくは普通に国産の育毛剤を使った方が安いし効果があるかもしれません。

いまでは効果がとても高くて、しかもものすごいお手頃で購入できる、コストパフォーマンスにとても優れている育毛剤がたくさんあります。

詳しくは育毛剤 安い 効果というウェブサイトで詳しくしく育毛剤の価格や値段とそのコストパフォーマンスについて紹介しています。

ただ、一番安心な方法は一度、医師に診察してもらってから処方されたものと同じ物を輸入するのがいいかもしれません。