17/01/2018

アメリカの発毛剤はミノキシジルのはいったものがよい

近年ではAGA(男性型脱毛症)のCMを見かけることが多くなり、薄毛に対する認知度が高まってドラッグストアやインターネットのショップでは多くの発毛剤や育毛剤を目にすることが多くなりました。

そんな薄毛に効果がある成分として多くの発毛剤に含まれているのがミノキシジルです。

アメリカのミノキシジル入りの発毛剤は薄毛対策効果抜群

実は日本は薄毛が多い国14位と上位に食い込んでおり、そしてその先を行くのがアメリカで薄毛が多い国では5位となっているのですがそんなアメリカでももちろん、ミノキシジルが含まれている発毛剤が存在します。

そもそもミノキシジルとはFDA(アメリカ食品医薬品局)が認可している科学的根拠がある成分で、FDAが現在認可している薄毛に効果的な外用薬はミノキシジルのみとなっています。

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、毛乳頭細胞を活性化することで発毛を促進させてくれる効果があります。

アメリカの発毛剤はミノキシジル濃度が16パーセント!

日本でも多くの発毛剤にミノキシジルが含まれていますがその濃度は濃くても5%程度あのに対してアメリカではなんとミノキシジル濃度が16%のものが発売されています。
しかも価格が日本で購入するよりも安いので個人輸入する人も少なくありません。

しかしミノキシジルには副作用があり頭痛やむくみ、頭皮の赤みやかゆみなどの頭皮トラブルが発生してしまう場合があります。

また、アメリカの発毛剤は日本人よりも体格が大きいアメリカ人用に開発されているので成分が強すぎるというデメリットもあります。

ですがアメリカで発売されている発毛剤は信頼度も高く、検索すれば口コミも多く寄せられているので気になる方は一度ご覧になってください。

副作用が気になって国内で販売されている外用薬に留まっている方も多いかもしれませんが早く効果が欲しい方や物足りないという方は挑戦してみてはいかがでしょうか!?